« プロフィール(2016年8月) | トップページ | 敬老パス »

2016年8月24日 (水)

Yが一人でおでかけ

午後1時、昼食を準備していたら玄関で物音。行ってみたらYが出かけようとしている。止めても無理と判断して行かせた(携帯と敬老パスを持っていることは確認した)。バス停まで追尾してどこ行きに乗ったかを確認。2時間後に「そろそろ救出にいこうか」とGPSで位置を検索したら自宅の近くを歩いていた。その後、ほどなくGUの袋を下げて帰ってきた。
 
実は午前中に一緒に買い物に行くと伝えておいた。Yもそのつもりで着替えていた。出かけ際にYが「こうして」と自分の胸でネクタイを結ぶような所作をする。私にはその意味が分からなかった。「ネクタイを結べというの?」「ネックレース?」と聞いても「違う」と言って怒りだして、「もう行かない」と上着も脱いで2階に行ってしまった。黙っての外出はその気分の流れのままの一種の家出だ。だから止めても無駄と判断した。帰宅したあとはケロリと気分が直っていた。
 
今日は自力で帰宅できたことに乾杯。

« プロフィール(2016年8月) | トップページ | 敬老パス »

介護の日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« プロフィール(2016年8月) | トップページ | 敬老パス »