« 行くところがある、会う人がいる、することがある | トップページ | メモリオンは使えそう(ケトン値グラフ) »

2016年9月22日 (木)

3A(スリーエー)


にほんブログ村

  「明るく、頭を使って、あきらめない」(略して「3A: スリーエー」 という認知症予防プログラムがある。軽度認知症の人の症状改善効果もあるという。
 
  このプログラムを推進するリーダーの育成教育を受けたのがきっかけで、受講生仲間と地元でもサークルを立ち上げて月二回の集まりを持っている。この会を楽しみに毎回集まってくれる人が多い。ほぼ15人程度が集まる。
 
  ただし、我々が受けたのは3Aの亜流の方式で、その後上記本家では商標登録をされたので、我々は自分たちの活動を3Aとは名乗らない。しかし、3Aの考え方は参考にさせていただいている。また、我々のメンバーに合うように中身も変更している。
 
  毎回の会合では、定番の認知症ゲームや太鼓演奏や茶話会を繰り返しながら、仲間の親睦を深め、むしろその人間関係や交流が主目的となってきている。それが楽しみで、みなさんが毎回来てくれるのだ。そういう社会性が認知症にもいいのだ。
 
  実は、個人的にはYをこの会に入れるのが目的だった。しかし、結果的には失敗した。Yは2回顔を出したが、以降は「行かない」とかたくなに突っぱねている。Yの症状だと会の中ではなんとなく面倒を見られる側になる。それをYのプライドが許さなかったらしい。(本家3Aからは、そういう結果になるのがなまかじりの弊害だと言われそうだが)
 
  それ以来は、ボランティア活動としてその会の世話役の一人を続けている。会の間はYを家に残しているので、リスクは抱えているし、実際にその間に徘徊されたこともある。台所が煙臭かったこともある。いずれは続けられない日が来るだろうと覚悟はしている。

« 行くところがある、会う人がいる、することがある | トップページ | メモリオンは使えそう(ケトン値グラフ) »

介護の日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 行くところがある、会う人がいる、することがある | トップページ | メモリオンは使えそう(ケトン値グラフ) »