« 老人ホームの選び方(講習会) | トップページ | Yの前ではPCは使わない »

2016年9月21日 (水)

一泊旅行

 車で1時間半ほどの温泉で一泊した。
 もともと、Yとよく旅行はしていた。会員制のリゾートクラブに入り、3か月に2回程度のペースで行っていた。Yは今でもドライブや旅行は好きだ。今回も楽しんでいたようだ。私にもいい気分転換になった。
 しかし、宿はどこでもいいというわけではない。二つの条件がある。
 
 
  1.部屋風呂があること
  2.ペットと同室に泊まれること
この2条件を満たすところがなかなかないので、見つけるとそこに通うことになる。Yにとっても、なじみのあるところの方がいいだろう。
 
  部屋風呂が必要なのは、もうYを一人では大浴場に行かせられないからだ。
 
  大浴場ではそこの仕組みを即座に判断して行動する必要がある。下足はどこで脱ぐのか、どこにしまうのか、鍵はどうするのか、どこで脱ぐのか、鍵はかけるのか、浴室への扉はどこにあるのか、蛇口はどうやって使うのか、どれがシャンプーでどれがソープか。
 
  Yにはこれらをすべてただしく判断することは無理だ。また、Yは下着のまま湯船に入ってしまうこともある。人様の脱衣かごと間違えたこともある。
 
  したがって、部屋に風呂が必要だ。
  (まだ試したことはないが、時間を決めて予約できる家族風呂なら私が使い方をガイドしながら入浴が可能かもしれない。しかし、Yは私に裸を見せまいとするから当分は無理だろう)
 
  ペットの同室が必要なのは、そうでないとYが心配で眠れないからだ。Yにとってはペットは自分の赤ちゃんも同然だ。そばに置いておかないと心配でしかたない。「旅行の時はペットホテルに預ければいい」と考えて飼いはじめたペットだったが、そのもくろみは狂ってしまった。リゾートクラブからも足が遠のいてしまった。そのほとんどの施設ではペット不可なのだ。
 
  こういう旅行でも、行けるだけまだいい。あとどのくらい続けられるのだろうか。

« 老人ホームの選び方(講習会) | トップページ | Yの前ではPCは使わない »

介護の日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 老人ホームの選び方(講習会) | トップページ | Yの前ではPCは使わない »