« 少し回復 | トップページ | ケトジェニック ダイエット (Ketogenic Diet) »

2016年10月29日 (土)

ココナツオイルは燃料

  当初、ココンツオイルを生薬・薬効食品の類だと思ったのが間違いだった。今は燃料だと思っている。燃料はそれなりの量が要る。

  当初、ココナツオイルが認知症に効くと知って、生薬や薬効食品の類だと思ってしまった。そういうものは通常毎日少量あるいは数カプセル摂れば済む。
 
  実は、Yのためにココナツオイルを料理に使うことは数年前からやっていた。Mary Newportの本にはそのような使い方が書いてあったので、そっちに目がいってしまった。また、ココナツオイルのカプセルも飲ませていた。その程度で効果が出ることを期待していた。
 
  間違いに気づいたのは今年の四月だった。自分の心臓治療のために入院している間にMary Newportの本を読み直して、自分がやってきたことの誤りに気が付いた。
 
  摂取量が全然足りないのだ。Maryの夫Steveは1日に165mlもココナツオイル(MaryOil)を呑んでいたではないか。それに対し、Yに対しては炒め物の油として多めに使う程度。呑んでいたココナツオイルカプセルも換算すると2mlにも満たない(高価なのにまったく無意味だったのだ)。
 
  糖エネルギーの利用が出来なくなった脳細胞に代替エネルギーを提供するのがココナツオイル(中鎖脂肪酸)なのだ。それなりに量が要るのは考えれば当然の話ではないか。
 
  ココナツオイルは生薬ではなく、燃料なのだ。ある程度の量を呑まないと効果は出ない。
 
  この誤りに気付かなかったことをとても後悔している。早く気づいていれば、Yの症状の悪化をずっと早い段階で止められたのかもしれないのだ。今年のゴールデンウィーク明けになってやっと量を増やし始めたのだ。悔いても悔いきれない。
 
  しかし、この勘違いをしたのは私だけでもないようだ。
 
  米国にはAXONAという、医者の処方で認知症に使える健康食品がある。FDAの承認済みだ。これのFDA申請のベースとなった論文を読んで、Mary Newportは初めて、アルツハイマーの脳では糖代謝が低下していること、ケトン体でそれを補って、症状が改善されることを知ったのだ。(会社はAXONAの正体を隠していたが、ココナツオイルが材料だという記述を見つけて、彼女はココナツオイルで試したのだった)。
 
  この論文(下記)を読んでみた。被験者にAC-1202(のちにAXONAと改名)をのませて認知症改善効果を測定しているが、1日に1回しか呑ませていない。まるで生薬の扱いではないか。私と同じ勘違いをしたな、と思った。
 
  また、測定結果にばらつきがあるのも(今の私の知識から見れば)当然だと思う。AC-1202の正体はMCTオイルだ。(炭素数8の成分が主体のMCTオイルだが)。これは下痢をしやすい。呑める量は限定される。そうるとケトン値は1.5時間でピークに達し、3時間目には消える。効果測定をどのタイミングで行うかで結果は大きく変わるはずだ。呑んで何時間目に認知症改善効果を測定するか決めておかないと意味がない。しかし論文にはそこに気を付けた形跡がない。(ケトン値の測定は飲んで2時間後と規定している。逆に言うとこの1点しか測定していないのでケトン値の急激な変化に気づかなかったのだろう)。
 
  この研究が1日1回の投与ベースで行われたのでFDAの承認もそれが前提になっている。医者は1日に1回吞めという処方しかできないのだ。(AXONAのメーカーAccera社は、複数回服用のデータを準備してFDAに再申請しようとしているそうだが)。
 
補足: 「燃料」と言い切ると少し語弊はある。ケトン体にはニューロンの保護効果その他の薬効めいた効果も認められてはいる。
 
文献: 
1.S.Henderson(2008) Hypometabolism as a therapeutic target in Altzheimer's didease, BMC Neuroscience - Feb.,2008
2.  S.Henderson(2009), Study of the ketogenic agent AC-1202 in mild to moderate Altzheimer's disiease: A rondomaized, double-blind, placebo-controlled, multicenter trial, Nutrition & Metabolism - Sept.2009
 
 

« 少し回復 | トップページ | ケトジェニック ダイエット (Ketogenic Diet) »

3型糖尿病・ココナツオイル・MCTオイル・ケトン体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 少し回復 | トップページ | ケトジェニック ダイエット (Ketogenic Diet) »