« KetoCaNa(ケトカナ) (ケトン値グラフ) | トップページ | 孫に会ってきた そして、仮説も生まれた »

2016年10月14日 (金)

MCTオイル単体のケトン値グラフ

  日清MCTオイルを単体として摂取した時のケトン値グラフをまだ紹介していなかったので簡単に紹介しておく。
 
  測定1回目

Mct_oil_1

   測定2回目

Mctoil2

 いずれも1時間ちょっとのところでピークに達し、3時間目には効果が消えている。いろいろな文献に書かれている通りだ。

  MCTオイルとココナツオイルを混ぜると3時間目にピークがあり。6時間ほどで消える山になる。

また、メアリーニューポートは、ココナツオイルよりMCTオイルの方がお腹を壊しやすいと書いている。ココナツオイルと混ぜてMCTオイルの量を減らすことにより、少しはおなかにやさしくなる。

 

« KetoCaNa(ケトカナ) (ケトン値グラフ) | トップページ | 孫に会ってきた そして、仮説も生まれた »

3型糖尿病・ココナツオイル・MCTオイル・ケトン体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« KetoCaNa(ケトカナ) (ケトン値グラフ) | トップページ | 孫に会ってきた そして、仮説も生まれた »