« 昨日よりは好転 | トップページ | 認知症介護者の集い »

2016年10月27日 (木)

ココナツオイルはパーキンソン病や、ALS,自閉症にも効く

  Mary Newportの本によれば、ケトン体によるエネルギー補給が症状を改善するのはアルツハイマー型認知症だけではない。この治療原理は、神経変性症一般に有効なはずだ。Maryの元にはいろいろなタイプの患者やその介護者から改善事例が送られている。

 改善事例が送られてきているのは、パーキンソン病、ALS,自閉症、虚血性認知症、レビー小体型認知症などだ。
 
  病状の個人差があるから、効かない人もあるだろうが、これらの病気の人たちも、ココナツを試す価値はあろうかと思う。
 
  Maryの2冊目の本では、ケトン体が効きそうな病気を50挙げている。
 
  また、東京銀座クリニックの福田先生もケトン体が神経変性疾患に効くことを書かれている。

« 昨日よりは好転 | トップページ | 認知症介護者の集い »

3型糖尿病・ココナツオイル・MCTオイル・ケトン体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 昨日よりは好転 | トップページ | 認知症介護者の集い »