« 運動会・墓参 | トップページ | バージンココナツオイルと精製(RBD)ココナツオイルの違い(ケトン値グラフ付き) »

2016年10月23日 (日)

Yのケトン値実測(その2)不思議な結果

  ココナツオイル(MaryOil)を時間をずらして重ねのみするとケトン値が上がる。Yのケトン値もこれで0.7まで上げたことがあった。今回はそれを試みた。7時30分と10時(時間差2時間半)で20ml呑んで、下痢を起こさないか、ケトン値はどの程度まで上がるか、確かめようとしたのだ。

  11時30分、腹積もりではケトン値が0.5くらいまで上がってもよいころだ。しかし、Yの言動がおかしい。話が通じにくいし、意味不明の動作をしている。レストランでもらった、かわいい折り紙付きのつまようじを洗剤を付けたスポンジたわしでくるんで容器にしまっている。
 
  念のためにケトン値を測ってみたら0.1しかなかった。これで言動が変なのは理解できた。しかし、ケトン値が上がっていない理由はわからない。いろいろ不思議なことが起こるものだ。(普段と違うところは風邪薬をのんでいることぐらいなのだが)。
 
  20mlのオイルの重ね呑みに、お腹はまだ耐えられたようだ。これはうれしい。

« 運動会・墓参 | トップページ | バージンココナツオイルと精製(RBD)ココナツオイルの違い(ケトン値グラフ付き) »

3型糖尿病・ココナツオイル・MCTオイル・ケトン体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 運動会・墓参 | トップページ | バージンココナツオイルと精製(RBD)ココナツオイルの違い(ケトン値グラフ付き) »