« 赤ちゃん誕生 | トップページ | デイサービスにつながるか・・・ »

2016年10月 8日 (土)

せっかくのウドンが・・・

   Yがお腹が空いたというので昼食にYの好きなうどんを作った。ダシや具もいいものを使い、われながらおいしいと思うものができた。
 
  丼にもってYに出したら、Yは食器を取り出し、丼からとりわけ始めた。「もうすぐみんなが来るから」といい、指折り数えて「何人かしら」と言っている。Yはいそいそとその来客準備を楽しんでいたのに、私は「食べてよ。誰も来ないから」とつまらないことを言ってしまった。
 
  Yは「来ると言ってた」と反論して、その作業を続けたが、私がそれに不満なことは感じたようだ。詰まらないことを言わないで、一緒に来客準備を楽しんでやればよかった、と後で思ったが、その時はその余裕はなかった。「食べてよ」という言葉をそれ以上出さずにいるだけでもかなり辛抱がいる状態だったのだ。
 
  Yは取り分けたうどんに塵除けをかけて、来客をまった。結局、うどんはYの口には入らず、夕方にはYに気づかれないように捨てることになった。(私は糖質制限をしているのでうどんは食べない)。
 
  Yの頭にこのような来客妄想が沸いたのには原因がある。ケトン切れを起こしていたのだ。理由は別の記事(2016.10.10)で記す。その後、ココナツオイル(とMCTオイルの混合油)をのませ、2時間後にはいつもの状態に回復していた。
 

« 赤ちゃん誕生 | トップページ | デイサービスにつながるか・・・ »

介護の日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 赤ちゃん誕生 | トップページ | デイサービスにつながるか・・・ »