« MaryNewportの講演資料から | トップページ | 妄想や作り話の仕組み »

2016年11月 5日 (土)

11月4日のY

  昨日の好調さは消えた。現状の誤認識や、XXさんとこんな会話をした、と架空の会話の再現をしてくれることが多かった。ココナツオイル(MaryOil)は呑んでいるが、効いていない感じの一日だった。朝のレミニールを飲み忘れたのも一因だと思う。
 
 
  着るものがない。ギプスをつけているので、かぶるものは着づらい。特に、下着とカーディガンの中間に着るものがない。とりあえず、男物のシャツを着せて、買い物に出かけた。
 
  前開きの下着は介護用品売り場にあった。下着の上に着るものは婦人服売り場で相談しても見つからず、赤い男物のシャツを買った。
 
  訪問介護の方が見えた。さすがで、片腕が不自由でも被り物を楽に脱着する方法を教えてもらった。袖にギプスが通るものなら着られそうだ。明るい方で、Yの話を上手に引き出してくれる。施設での入浴をさせたいが、Yは「いや」と言っている。
 
  骨折した左手を使うなと言っても使う。不自由だと余計に使いたくなるようで、普段しないことまでする。ちょっと目を離したら、下着の洗濯までしていた。ギプスの包帯が外れて、近所の整形外科で巻きなおしてもらった。手首が動いて、骨がずれていないかと心配になる。動いていたら手術になってしまうのに。

« MaryNewportの講演資料から | トップページ | 妄想や作り話の仕組み »

介護の日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« MaryNewportの講演資料から | トップページ | 妄想や作り話の仕組み »