« 妄想や作り話の仕組み | トップページ | ゴルフができた日 »

2016年11月 6日 (日)

11月5日のY

  今日のYは快活だった。午前中はよく笑った。天気が良かったので散歩に行ったが、散歩中もよくYの方から会話を切り出した。花を見ては「きれい」と反応していた。
 
  散歩中の会話には、いわゆる「作り話」が沢山入っていた。(遠くに見えるものについて)「私があの辺に住んでいたころはね・・・」。(通りがかりの家について)「ここの息子さんがこうこで、奥さんがこう言ったの」。昨日の記事に書いたように、私は「作り話」は歓迎だ。脳のあちこちのモジュールが活性化してそのような話を作り出しているのだから。
 
  午後は何か「しなければならないことがあるから行ってくる」と出かけた。天気がいいので、強いて止めずに行かせてフォローしたが、1時間ほど町内を歩いて家に戻ってきた。(出かけたのはちょっとケトン切れになった時間帯に符合した)。
 
  不調だった昨日との差は何だろう。昨日はやはり、朝のレミニールの飲み忘れが関係してかもしれない。レミニールは飲んで1時間ほどで体内濃度がピークに達し、8時間ほどの半減期で減っていく。昨夜呑んだ分は飲んだ直後に血中濃度がピークに達したあと減り続け、昼頃にはピークの4分の1になっている。これが調子を落とした一因かもしれない。
 
 
  また、昨日の朝、Yはおなかに来て、トイレに行っていた。ココナツオイル(MaryOil)にやられたのだろう。こういうときは、呑んだオイルがうまくケトン体にならないのかもしれない。そうすると血中のケトン値も上がらなくなり、それがYの調子に影響した可能性もある
 
  骨折している左手をよく動かすので、私は終日ハラハラしていた。

« 妄想や作り話の仕組み | トップページ | ゴルフができた日 »

介護の日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 妄想や作り話の仕組み | トップページ | ゴルフができた日 »