« 11月5日のY | トップページ | 11月7日、8日のY »

2016年11月 8日 (火)

ゴルフができた日

  11月7日、1年ぶりのゴルフを楽しむことができた。娘が1日の自由をプレゼントしてくれたのだ。

  プレーの前日には息子夫婦がYの骨折の見舞いに来たので、その間に打ち放しの練習にも行けた。
 
  やや寒く、風もあったが、まあまあのゴルフ日和。昔の仲間もプレーに集まってくれた。自然の中で、あきらめていたプレーができる幸せを味わった。
 
  意外にいいスコアが出て、なんと4人の中でベストだった。事前の練習時間が2回で合計110球分しか取れなかったので、大たたきのプレーになることを覚悟していたのに。まだ忘れていないことに安堵した。
 
  娘はYを連れ出し、ショッピング、バラ園見学、娘自宅で孫との遊び時間、を過ごして、私が帰宅するころに送ってきた。Yにはやや強行軍だったかもしれないが、大過なく過ごせたようだ。温めれば夕食になるものも準備してくれていた。
 
  Yも以前はゴルフをやっていた。しかし、最終ホールあたりで、ボールを拾って投げたり、次に何をしたらいいかわからなくなる場合が出てきた。プレー仲間がルール違反を注意すると逆切れした。二三回そういうことがあってからは、二人だけでコースを回るようにしていたが、そういう症状が出るのがだんだん早くなってきた。まだ、認知症と判断される以前のことで、ゴルフ場で疲れた時だけに見せる顔だった。
 
  疲れたときは血糖値も下がっている。私が、Mary Newport の本でアルツハイマーは脳の糖尿病で、脳が糖を利用できなくなっているのだ、と読んで納得したのは、Yのゴルフ場での発症の経験があったからだ。
 
  私はこうやって、たまには楽しむこともできる。Yにも何かそうやって心から楽しむ時間が持たせられるといいのだが。

« 11月5日のY | トップページ | 11月7日、8日のY »

介護の日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 11月5日のY | トップページ | 11月7日、8日のY »