« 焼肉屋で夕食 | トップページ | 文体を変えます »

2016年12月 8日 (木)

毎日さがしもの

  ほぼ毎日、探し物にかなりの時間を使う。今日も1時間かけて腕時計を探し出した。

  Yは持ち物をいろいろな袋やバッグに入れている。タンスの類は使わない。しかも、頻繁にその中身を入れ替える。
 
  Yは短期記憶はある方だ。しかし、自分が行った「物の移動」に関する記憶は保持できない。だから、衣類や下着、財布、携帯、時計、老人パス、などを袋から袋へ移し替えた後は、「なくなった」と言い出す。
 
  「なくなった」にすぐに対処して見つけ出さないと「盗られた」という話に発展してしまう。(今までそこにあったものが突然なくなる。本人にとって合理的な解釈は「盗られた」ということだ)。
 
  狭い家なのに、いくら探しても見つからないこともある。なのに、ある日Yがそれを身に着けていたりする。どこから出てきたのかYに尋ねても、「お父さんが来て、ほい、と渡していった」というような返事しか帰ってこない。
 
  Yの持ち物の中の不用品を減らして、もの探しを楽にしようと思っている。サイズの合わなくなった服、やたらにたくさん詰め込んであるタオル類、そういうものを処分して減らせば、探し物も楽になるだろう。

« 焼肉屋で夕食 | トップページ | 文体を変えます »

介護の日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 焼肉屋で夕食 | トップページ | 文体を変えます »