« 12月12日のY | トップページ | 自分の名前が書けなくなっていた »

2016年12月14日 (水)

デイサービスステーションに行きました

  


にほんブログ村

 今日はYとデイサービスステーションに行きました。私がそこでボランティアをするので一緒に行こう、ボランティアをしている間、皆さんと話でもしていてくれ、と誘ったものです。先週の打ち合わせを実行したのです。

  私のボランティアは、そこに来ている一人の方の、自伝を作ってあげることです。ただし、自伝というと大げさになるので、「語り継ぎ」という形にしています。昔、いろり端でお爺さんやおばあさんがこどもたちにあれこれ話をするような、断片的な話を書き留めて行こうという形をとります。断片的な話でも、積みかさねて行けば、その人の伝記が浮かび上がってきます。
 
  今回の方は、84歳の男性で、もとは小学校の先生でした。テンカンの持病があって、いろいろ苦労してこられたようです。今日が初対面だったのに、うちとけて、奥様との愛の話もしていただきました。今日は5ページほどの文章ができて、印刷して渡すととても喜ばれました。来週は昔の写真からいろいろ思い出話をしていただいて、それを文章として付け足します。
 
  今日の作業は2時間ほどでしたが、その間、Yも私の近くの席で、顔見知りのご婦人と話をしていました。連れて行ったココも皆さんに抱かれて、いい話の材料になっていました。Yは今日は、自分がケアされる身ではなく、ボランティアをする私についてきた来訪者という立場でしたから、気分的に楽だったのだと思います。
 
  こういう形でも徐々になじんで、そこが居心地のいい場所になり、将来、デイサービスに通うことが必要になったときに、スムーズに溶け込めればと願っています。実際、そこが居場所になっていて、予定外の日にも来てしまう人もいるのです。
 

« 12月12日のY | トップページ | 自分の名前が書けなくなっていた »

介護保険・介護サービス・その他の支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 12月12日のY | トップページ | 自分の名前が書けなくなっていた »