« Route463さんのブログ「K-World」 | トップページ | 頭部MRIの画像に前回からの悪化はなかった »

2016年12月 8日 (木)

留守番を頼んだらやはり事件に

  少し、危ないな、とは思いながら、Yに留守番を頼んで2時間ほど家を空けました。帰ってみたらやはり事件が待っていました。

 

  今日は、近くのケアプラザで3Aという認知症予防の会をやる日でした。私を含めて4人が持ち回りで会のリーダーを担当しています。今日は私がリーダーをする日ではありませんでしたが、助手役を務めるために行きました。Yに外出気配があったので危ないなとは思ったのですが、助手役の代わりを頼める人がいなかったので、ちょっとリスクをとって、Yに留守を頼んで出かけました。
 
  帰ったら、家の前にYがいました。「ココ(犬の名前)がいなくなった」と探し回っていた様子でした。また、ガス会社が点検に来る予定の日だったので、それが済んだのか聞いたら、「わからない。でも電話で呼び出されたの」という返事でした。
 
  私も近所を探しました。その間にYがいなくなりました。1時間ほど捜しまわたのですが、Yもココも見つからず、家に戻って電話を待つことにしました。ココの首輪には電話番号を書いておいたからです。
 
  待っていたら、Yが戻ってきました。
 
「やはり、ココはいなかったんだね」
「いたよ」
「え、どこに?」
「おいてあるところ。いろいろ書かなきゃダメだって」
「???・・・交番?」
「そう」
 
ということで、交番まで一緒に行って、ココを引き取ってきました。
 
  どういう事情でココが家を飛びだしたのかは、分かりません。多分、Yがちょっと出かけたのでしょう。(その形跡がありました)。その時に出してしまったのではないかと推測しています。
 
  ココを見つけた人が交番に連れて行き、交番では首輪に書いてあった電話番号を見て電話をくれたようだです。(ココを届けてくれて人の名前は教えてもらえませんでした。その人の希望だそうです。)
 
  Yが交番からの電話を理解して交番に行っていたことは驚きでした。しかし、交番では話が通じず、だれか連れて来なさいと家に帰され、私が同行した時には3度目の交番訪問になっていたようです。お巡りさんが「奥さん、何度も来ていただいてすみません」と言っていました。
 
  矢張り、Yをおいて出るのは危ない、と再認識しました。一方で、お巡りさんからの電話を理解して近くの交番まで行く能力があった、というのは私には大きな喜びでした。
  ガス会社はYが家を空けている間に来たようです。ガス会社には時間を約束していたのに「悪いことをしました。
 
 

« Route463さんのブログ「K-World」 | トップページ | 頭部MRIの画像に前回からの悪化はなかった »

介護の日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Route463さんのブログ「K-World」 | トップページ | 頭部MRIの画像に前回からの悪化はなかった »