« 明治維新150年と2060年のはざまで | トップページ | Yのケトン体エンジンは意外に粘る? »

2016年12月17日 (土)

孫の初宮参り

  次男のところで10月に生まれた孫の初宮参りに行ってきました。Yも同行しました。新幹線を使っても、片道3時間強の道のりです。(家に愛犬ココを置いているので)日帰りでした。Yにはかなりの強行軍ですが、それでもYは無事に乗り切りました。従来は、疲れさせると、言葉も理解できなくなくなる感じでしたが、今日は帰宅後、ベッドにはいるまで、しっかりしていました。最近の好調のたまものです。

  良い天気にも恵まれて、いい初宮参りでした。祈祷客も多く、信心を集めている神社のようでした。
 
  嫁方のお父さんにとっては初孫なので、今日の喜びも一入だったことでしょう。
 
  孫を抱くと、Yは一気に昔を取り戻すようで、笑顔にあふれ、あやしかたも手慣れたものだし、孫にかけるあやし言葉もスムーズに出ていて、とても認知症には見えない姿でした。赤ん坊が持つ力はすごいものです。
 
  神様のご加護をうけて、すくすくとそして無事に育ちますように。

« 明治維新150年と2060年のはざまで | トップページ | Yのケトン体エンジンは意外に粘る? »

介護の日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 明治維新150年と2060年のはざまで | トップページ | Yのケトン体エンジンは意外に粘る? »