« Yの顔が真っ白、原因不明の異臭 | トップページ | Yの近況(2017.1.28) »

2017年1月28日 (土)

春節で思い出したおせち料理の話


にほんブログ村  春節で思い出したおせち料理の話です。

  おせち料理には地方色がありますが、私が子供のころのおせち料理は長崎風でした。母が長崎育ちだったのです。
 
  長崎のおせち料理は、卓袱(しっぽく)料理風です。元日にには食卓いっぱいに色とりどりの料理が、ぱっと花が咲いたように並んでいました。これが、私のおせち料理のイメージです。
 
  なので、本物にはとても及びませんが、正月にはつい、いろいろ作ってしまいます。
 
  これがYには問題でした。いろいろ沢山あるものへの対応が苦手になっているのです。
 
  認知症の初期に、おかしいな、と思ったのは、駅の切符の自動販売機が使えなくなったときでした。ボタンが沢山あるとどうしていいかわからなくなったのです。まもなく、テレビのリモコンも使えなくなりました。
 
  旅行先で、朝食がバイキング料理の時でもダメでした。選べないのです。
 
  おせち料理も、いろいろあると、結局、どうしたらいいかわからなくなって、食べずに終わってしまうのです。
 
  最近は日々の料理も同じで、一つの皿にいろいろ飾り付けると、どこから手を付けたらいいのかわからなくなる感じがあります。
 
  Yに食べてもらうには、分かりやすく単純化した出し方が必要になっています。
 

« Yの顔が真っ白、原因不明の異臭 | トップページ | Yの近況(2017.1.28) »

介護の日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1269514/69406506

この記事へのトラックバック一覧です: 春節で思い出したおせち料理の話:

« Yの顔が真っ白、原因不明の異臭 | トップページ | Yの近況(2017.1.28) »