« あるきなさい(血管外科) | トップページ | アセチルコリンの材料に大豆と卵の黄身を »

2017年1月25日 (水)

風呂で脱ぎたがらないのはよくある症状のようです

 
  月曜日に銭湯に行ったときに、Yを風呂に入れるのにてこずった、具体的には裸になることにすごく抵抗した、という話を書きました
  その後、いろいろな方に伺うと、風呂で脱ぎたがらないのはよくみられる症状のようです。今日、小規模多機能型居宅介護のステーションにも(私一人)行ってきたのですが、そこで聞いてもよくある話だ、と言いうことでした。
 
  そこでの処方は、衣服の上から湯をかけてしまうということでした。「ああ、濡れちゃったから脱ごうね」という話にするのだそうです。「一か月も入っていない時には、そうしてでもきれいにしてあげたいから」ということでした。
 
  平安時代は浴衣を着て風呂に入っていたそうだし、家でも裸にこだわらずに入れてみようかなと思います。下着姿にまではなってくれますので。

« あるきなさい(血管外科) | トップページ | アセチルコリンの材料に大豆と卵の黄身を »

介護の日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« あるきなさい(血管外科) | トップページ | アセチルコリンの材料に大豆と卵の黄身を »