« 包丁が見つかりません | トップページ | 頼ってくれるただ一つの存在 »

2017年2月27日 (月)

3時間の散歩


にほんブログ村 今日はYと3時間の散歩をしました。

  今日は天気が良かったので、Yを散歩に連れ出しました。愛犬のココも一緒でした。我が家は丘の上にあります。坂を下って、谷底の道に出て、谷沿いに進むと、「市民の森」の入り口があります。今日はそこに入ってみました。
 
  入ってすぐに後悔しました。急な山道を登ることになったのです。足場も悪い山道で転ばれて、また骨折でもしたら大変なことになると危惧したのです。でも、少し上ってしまったので、下るのは余計に危険でした。この「市民の森」は我が家のある丘とつながっているので、上ってしまえば、急な下り道を下ることなく、帰宅できるます。そのまま登り続けることにしました。
 
  手を引いたりしながらゆっくり上り、展望台からの景色を眺めて、我が家のある丘に続く道に出て、足を痛めることもなく、無事に帰宅できました。家を出てから3時間たっていました。
 
  Yはあまりくたびれた風もなく、けろりとしていました。運動能力にまだ衰えがないことに安心しました。
 
  アルツハイマーの7段階の定義に照らすと、Yは5段階目まで来ています。次の6段階目は脳の萎縮によって、運動機能や、嚥下機能が失われてい行く段階です。そして寝たきりの7段計目に至ります。その運動機能障害の兆しがまだないことに、安堵を覚えたのです。
 
(でも、箸よりスプーンを好むようになったのはその兆しではないかとも危惧しています)。

« 包丁が見つかりません | トップページ | 頼ってくれるただ一つの存在 »

介護の日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 包丁が見つかりません | トップページ | 頼ってくれるただ一つの存在 »