« 笑顔の日々を | トップページ | ほけだし »

2017年2月 6日 (月)

MMSEが大幅に低下


にほんブログ村  今日はYの定期診察に行きましたが、MMSEの数値が悪化しました。

  残念なことに、昨年の7月に15点だったMMSEが今日は7点でした。

Photo

  上の図はMMSEの点数とアルツハイマー病の進行度の概念図です。(国立長寿医療研究センター 遠藤英俊氏の講演資料より)。上の図によれば中期(15点)から末期(7点)に急降下したことになります。

  Yにはまだ、上の図に書かれている末期症状は出ていません。また、今日はやや不調だったので、点数が実際よりは低く出た可能性はあります。しかし、半年前より認知症が進んでいる現実は受け入れざるを得ません。日常の生活の中でそれを感じるからです。

  Yに残された時間(意識のある時間)はいよいよ少なくなってきました。その有限の時間に十分なことをしてやれないもどかしさを覚えます。

  「長いお別れ」(中島京子)という本があります。認知症の父親を病の彼方に失っていく過程を書いたものです。Yもやがてそうやって霧の彼方に去っていくのか、と引き留められない切なさを覚えます。

  今日のMMSEの結果、メマリーの量が半分になりました(20mg→10mg)。メマリーの催眠作用で頭がぼーっとしているのかもしれないから、という理由でした。効けばいいのですが、あまり期待はしていません。メマリーはずっと前から飲んでいました。眠気が原因ならもっと前からMMSEへの影響が出ていただろうと思うのです。

  ココナツオイルや糖質制限で、できる限りの抵抗を試みます。
(それとも、もう好きなものを好きなように食べさせるべきか・・・)
(今でも、無理な我慢はさせていないつもりですが)

 

 

 

« 笑顔の日々を | トップページ | ほけだし »

症状・病歴・対応」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 笑顔の日々を | トップページ | ほけだし »