« 夜中の2時、Yを説得中 | トップページ | 美容院と入浴 »

2017年2月15日 (水)

弟の家を訪問しました


にほんブログ村  Yを連れて、私の弟の家を訪ねました。以前から誘ってくれていたのです。

  また、弟のところには長女がお産で里帰りしているので、その赤ちゃんに会いたいという意味もありました。生まれて一か月ですが、たくましく育ちそうな、パパ似の男の子でした。
 
  Yは今日は極めて快調でした。朝から、今日は出かける、ということを理解して行動していました。「弟のYJのところに行くんだよ」と数日前から繰り返し伝えてはありましたが、行先をイメージはできていなかったと思います。会うのはずいぶん久しぶりだったからです。
 
  でも、先方に着いたら、Yは弟夫妻を思い出したらしく、うちとけた様子で言葉を交わしました。(糖質制限に配慮された)昼食をごちそうになりながら、Yがかなり積極的に発話しているのに驚きました。弟夫妻も話を合わせてくれたので、対等に会話している雰囲気でした。言葉は伝わりにくくても、会話を楽しんだようです。
 
  途中で驚きがありました。アナログ時計をみて「3時40分」と正しく読めたのです。「そろそろ帰ろうか」と声をかけたときのことでした。自宅にいるときは、(私が時計が見えないふりをして)「今何時?」と聞いても、答えはかえってこないのです。今日は、訪問や弟夫妻や姪との会話で、頭がかなり活性化していたのだと思います。変な行動もほとんどありませんでした。
 
  先日の、昔の隣人の訪問といい、今日の訪問といい、私以外の人と話す機会があると、Yはかなりシャッキリします。こういう時間を持つことの大切さを再認識した1日でした。
 

« 夜中の2時、Yを説得中 | トップページ | 美容院と入浴 »

介護の日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 夜中の2時、Yを説得中 | トップページ | 美容院と入浴 »