« 糖質制限+フェルガード+ココナツオイルの治療例 | トップページ | 今日も介護施設に行けました »

2017年2月22日 (水)

メマリーを減らした結果


にほんブログ村  メマリーの量を減らして1週間たちました。

  先日の診察の際に、Yが飲んでいるメマリーが20mgから10mgに減らされました。MMSEのスコアが下がったのは、メマリーの副作用(催眠効果)でボーッとしているのかもしれない、という理由でした。
 
  残っている錠剤がまだあったので、実際に10mgに切り替えたのは2月14日の夜の分からでした。それから1週間たちました。
 
  注目していたのですが、Yにこれと分かる変化は見えません。今、MMSEのテストを受け直したら点が上がるだろうなという感じもありません。
 
  以上、記録のために記しておきます。
 
付記:
 
  ところで、メマリーという薬は、症状改善ではなく、症状の進行を抑えるとされている薬です。
 
  記憶回路周辺の神経細胞では、グルタミン酸が細胞間情報伝達物質として使われているそうです。アルツハイマーではこのグルタミン酸が過剰になる傾向があり、そのために情報を受け取る側の細胞を傷つけてしまうのだそうです。
http://www.als.gr.jp/staff/sickstate/sickstate_03.html
 
  メマリーはグルタミン酸の量を調整し、神経細胞の損傷を減らすことによって、アルツハイマーの進行を抑える効果を期待されている薬です。
 

« 糖質制限+フェルガード+ココナツオイルの治療例 | トップページ | 今日も介護施設に行けました »

症状・病歴・対応」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 糖質制限+フェルガード+ココナツオイルの治療例 | トップページ | 今日も介護施設に行けました »