« 特定施設入居者生活介護 | トップページ | Laurinの続き »

2017年3月 2日 (木)

午前4時のティラミス作り


にほんブログ村  夜寝てくれないという症状が始まったようです。

  Yは今朝3時半に起きて、1階におりて行ってしまいました。こういう時は、「もう少し寝ていようよ」と言うような説得で引き留めることはできません。
 
  Yは自分で明かりをつけることも暖房をつけることもできません。寒さで風邪をひかれたら困る、とか、外出されたら困る、と考えていると私も眠れないので、起きてしまいました。
 
 起きれば、やり残している家事はたくさんあります。今朝は材料に賞味期限のあるティラミスを作ることから始めました。午前4時の減糖ティラミス作りでした。
 
 (Yは、その後7時に2階に行ってベッドに入ってしまいました。今日は予定があったので、私は7時から寝るわけにもいかずそのまま起きていました)
 
 実は、前日も、Yは午前3時半に起きました。しかし、「トイレから戻らなかったら迎えに行こう」と思っているうちに、私は寝入ってしまいました。気が付いたら午前6時。Yは寝室に戻っていませんでした。1階に降りてみると、暖房もない寒くて暗い部屋にYが立っていました。3時半から6時までのの2時間半、そうやっていたわけです。
 
 ベッドに連れ戻し、私も寝なおしました。30分ほどして気が付いたら、Yの姿が見えません。慌てて1階におりたら、玄関に居ました。コートを着て、荷物を持ち、どこかへ行こうとしているところでした。
 
 その時は、その前夜、Yは早くベッドに入っていたので、その分早く、3時半に目が覚めてしまったのだろうと思いました。しかし、今朝は事情が違います。昨夜寝たのは24時ころでした。それでも、3時半に起きたのです。
 
 実は最近、こういうことが何回かありました。だんだんその間隔が短くなってきている感じがします。介護者を悩ませる、「夜ねない」がはじまったのでしょう。アルツハイマーの症状は変化していきます。この症状も出始めるとある期間は続くのでしょう。
 
 夜中といえども一人にさせておくことにはリスクがあります。思いがけない行動をとることも増えてきていますし、上記のように出かけようとすることもあるのです。私も、Yの行動に合わせて起き、どこかでそれを補うしかないでしょう(Yが居眠りしている間に私も眠るとか)。
 
 「要介護1?、始まったばかりだね」と以前の介護者の集いで言われたことを思い出します。介護の本番はこれからでしょう。
 
 
 

« 特定施設入居者生活介護 | トップページ | Laurinの続き »

介護の日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 特定施設入居者生活介護 | トップページ | Laurinの続き »