« Yの財布は出てきました。 | トップページ | ケアプラザで落語 »

2017年3月18日 (土)

お墓参り、昼食


にほんブログ村  少し早めのお彼岸のお墓参りに行きました。

  木曜日に、義妹(Yの妹)と霊園で落ち合って、お彼岸と、Y(と義妹)の父の命日のお墓参りをしました。私の家のお墓と、Yの実家のお墓が同じ霊園にあるのです。私も、Yの実家も田舎からお墓を移しました。それがたまたま同じ霊園だったのです。霊園に行けばいつも両家のお墓を訪れることになります。
 
  Yの実家のお墓には、Yの両親と5年前に亡くなった妹が眠っています。Yも手を合わせていますが、それで、「両親や妹が生きている」とYが感じることが止まるわけではありません。
 
  私の家の墓には私の両親が眠っています。Yは高校生時代に私の父に会ったことはあるはずですが、記憶に残るほどではないでしょう。私の母とは、今の家で7年同居しました。しかしそのことは全く覚えていないようです。したがって、Yが私の家の墓に手を合わせるときには、具体的に思い浮かべる故人はないはずです。それでも長く手を合わせていました。
 
  そのあとは、海辺の公園を散歩し、漁港の近くの家庭料理店でアナゴ料理を食べました。その漁港ではアナゴがよく取れるのです。Yもよく食べて、日ごろ食べていないご飯も平らげていました。
 
  最近Yは出先でサービスを受けると、帰り際にとても丁寧にお礼を言います。その料理店(奥さんが一人でやっていました)でも、丁寧にお礼を言っていました。
 
  お墓、散歩、食事を通じて、Yは妹とかなり会話をしていました。やはり妹とは話しやすいようです。
 
  朝、出かけるときに、Yと、「どこへ行くの?」「霊園だよ」という会話を5分おきぐらいに繰り返しました。今までのYには、この、同じことを繰り返し尋ねるという症状はありませんでした。海馬が弱ってきたのかな、と気になる症状でした。(その後はそのような症状は出ていませんが)。
 

« Yの財布は出てきました。 | トップページ | ケアプラザで落語 »

症状・病歴・対応」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Yの財布は出てきました。 | トップページ | ケアプラザで落語 »