« でもね話法 | トップページ | Yが介護施設で入浴しました »

2017年3月 8日 (水)

やっと確定申告を終えました


にほんブログ村  今日(8日)ようやく確定申告を終えました。

  15日の締め切りを目前にしてやっと重い腰を上げて、昨日、申告作業に手を付けました。結局、徹夜作業になりましたが、朝、そのまま手続きに行きました。
 
  今は、自宅からネットで申告を行う人も多い様ですが、私は青色申告会の代理送信を使っています。鉛筆書きの申告書原稿を持っていくと税理士さんがチェックして完璧な申告書に仕上げてくれて、ネットで税務署に送ってくれるのです。
  楽ですが、それでもいろいろ資料や伝票を整理して数字を作るのに徹夜になりました。寝ぼけまなこで作った原稿には間違いも多かったのですが、若い女性税理士さんが、忍耐強く修正してくれました。ぼけ爺さんだからしょうがない、と思っていたことでしょう。
 
  まとめてみると昨年は私とYの二人で、医療費を65万円払っていました。自己負担率2割とすると、保険組合にはその5倍の負担をかけているわけで、我々が世の中のお荷物になっていることを実感します。
 
  昨年は私の心臓手術(カテーテル手術ですが)やYの骨折があって特に多かったのですが、後期高齢者ですから、これからもそういう年が増えて行くでしょう。
 
  準備作業中は、Yの相手をしている暇がなくなります。そうすると、Yは出かけようとするので、結局、作業を何回か中断して一緒に出掛けました。
 
  また、何か手伝おうとしてくれるのはいいのですが、分類しておいた伝票や証票をばらばらにされたり、ハンドバッグにしまい込まれたりして、探し回ることを繰り返しました。いきなり取り返すと怒るので、機嫌を取りながら返してもらわねばなりません.。
 
  文房具には相変わらず、興味があるので皆持って行ってしまいます。いざ使おうとすると、ボールペンがない、ホチキスがない、糊がない、はさみがない、鉛筆がない、消しゴムがない、メモ用紙が1枚もない・・・という具合で参りました。結局、道具は胸ポケットに入れて作業を進めました。まぁ、いたずら盛りの子供を抱えたお母さんが申告の準備をしているようなものでした。
 
  という事情で、徹夜の単独作業に入ってやっとはかどり始めたわけです。
 
  青色申告会までは車で30分ほどかかります。Yを家に残しているので、朝一番でやってもらおうと思って早めに行ったのですがそれでも16番目でした。今日は税理士を8人動員してくれていたので、2巡目には見てもらうことが出来ました。それでも帰宅したら11時を過ぎていましたが、Yは無事に待っていてくれました。
 
  Yに朝食も食べさせずに出かけていたので、早めの昼食を作って、(ココの餌も作って)、眠気に耐え切れずに1時間ほど昼寝をしました。その間もYは出かけることもなく無事でしたが、申告書関連の資料はまたY流に「整理」されてしまっていました。「ありがとう」と言っておきましたが・・・。
 
  実は、申告に必要な添付書類が一つ不足していました。昼寝のあとで、それを探し出して、青色申告会に届けに行きました。今度はYとココも同行しました。帰路、自宅近くのパティシエの店に立ち寄って、ケーキとコーヒーでささやかな慰労会。(糖質オフの禁を破って。)
 
  でも、申告が終わってすっきりしました。年末以来、夏休みの宿題を終えないまま2学期が近づく子供のような心境だったのです。その宿題を済ませたので、久しぶりに旅行に行こうか、という気にもなってきました。
 
 

« でもね話法 | トップページ | Yが介護施設で入浴しました »

介護の日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« でもね話法 | トップページ | Yが介護施設で入浴しました »