« やっと確定申告を終えました | トップページ | 6年前の今日(3.11) »

2017年3月10日 (金)

Yが介護施設で入浴しました


にほんブログ村 今日は予想外の展開になりました。

  今日、2週間ぶりに介護施設に行きました。(先週はとばしたので)。今回も、私のボランティア活動の付き添いでYが介護施設に同行する、という設定でした。
 
  Yは、私の作業が終わるのを待っていたのですが、その間に、施設のスタッフさんが、Yを風呂に入れてしまいました。「Yさ~ん、お湯入れたよ」とスタッフが声をかけ、Yが入浴を渋っているところまでは、聞こえていたのですが、そのあとは聞いていませんでした。気が付いたらYがいなくなっていたのです。どう口説いて風呂場に連れて行ったのか、さすがプロです。
 
  2週間ぶりの入浴でした。しっかり洗ってもらえたようですが、Yは何か釈然としない顔つきをしていました。本意ならす乗せられた感じがあったのではないでしょうか。次回の反応が見ものです。毎回入れるようになるといいのですが。(明日は、義妹が(体調不良をおして)風呂に付き合ってくれる予定だったのですが、それも中止することが出来ました)。
 
  今日は施設まで歩いて行きました。散歩を兼ねたのです。出がけにYが下着がいっぱい入った袋をぶら下げていました。やめさせようとするともめるので、とそのまま持って出ました。それが幸いでした。入浴の時の着替えになったのです。
 
  帰りも歩くつもりだったのですが、ちょうど、施設の見送りの車も出る所でした。それを見たYが乗ると言い出しました。結局、デイサービスから帰る方々と一緒に車に乗って帰宅しました。
 
  風呂も車も、思ってもいなかった展開でしたが、これをきっかけに施設で入浴できるようになってくれればと思います。今日、施設に着いたときは、Yはまだ「お客様」気分で、入居者に慰問の声をかけたりしていたのですが、自分も面倒を見られてしまって、少し釈然としない気分でいたのかもしれません。
 
 私のボランティアは、聞き書きで、1人の伝記めいたものを作ってあげる作業ですが、今日一つ完成しました。

Opt

  終戦の年に20才だった女性ですが、戦争の影響はほとんど受けなかったとおっしゃいます。父も兵隊にとられなかったし、空襲の被害にもあわなかった、普通に女学校に行って、普通に就職していた、むしろ、戦後の方が食糧難で苦労したね、とおっしゃいます。そういう生活もあったのかと、私も勉強になりました。

  今回の方は過去の記憶も薄れがちで、ページ数がやや少な目の仕上がりになりました。

 (個人的な話を伺いますので、私のPCには一切データを残さないようにしています。USBにいれて施設に預けています)。

 

« やっと確定申告を終えました | トップページ | 6年前の今日(3.11) »

介護保険・介護サービス・その他の支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« やっと確定申告を終えました | トップページ | 6年前の今日(3.11) »