« お湯が・・ | トップページ | お花見 »

2017年4月 3日 (月)

Yのケトン値を上げてみたい


にほんブログ村  1日の朝、Yのケトン値を計ったら0.3mMol/Lという意外に高い値でした。

 1日の朝、Yの調子が落ちていて、ケトン値が低いのかな?、という感じでした。その前の2日間、Yは糖質をたくさんとっていたので、ケトン体エンジンが止まってしまったかな?と心配して計ったのです。
 
 結果は、上記の通り0.3もあって、ケトン体エンジンは健在でした。それはいいのですが、ケトン値が0.3もあったのに、Yの調子が出なかったことがややショックでした。(その後、割に安定しましたが)。
 
 脳神経の変性が進行して、ケトン体が効きにくくなってきているのかもしれません。
 
 そこで、思い出したのが、先日いただいたコメントにあった、ケトン値が2を超えると頭がすっきりして体も軽くなった、というお話。
 
 また、Mary Newportの2冊目の本にも、彼女の夫は、ケトンエステルの処方を受けて、認知機能と身体機能に大きな改善が見られ、それが20ケ月続いたと書いてあります(P249)。
 
 ケトンエステルをのむとケトン値は2-5mMol/Lに上がるのです。つまり、ケトン値を今の10倍に上げるとYにも効果が出る可能性があります。ただし、ケトンエステルはまだ市販されてはいませんので、Yには使えません。
 
 ケトン値を今の10倍に上げる、利用可能な方法として残るのは、ケトン食です。しかし、これを糖質が好きなYに徹底することは困難です。
 
 残る方法は、上記のコメントをいただいた方の体験(ある薬を飲んだらケトン値が上がった)の再現ができないか試みることです。これはコメントを下さった方の体験があるだけで、ケトン値を上げる方法として一般的に認知されているわけではありません。その薬の効能として謳われている効果ではないので、使えるかどうかは分かりませんが、その薬に詳しいお医者様に相談してみたい気にはなっています。
 
 

« お湯が・・ | トップページ | お花見 »

3型糖尿病・ココナツオイル・MCTオイル・ケトン体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« お湯が・・ | トップページ | お花見 »