« 徘徊で人のお世話になりました | トップページ | Yが挿し木したバラが咲きました »

2017年6月 4日 (日)

エコでないはなし


にほんブログ村  流し台で洗いものをしようとしたらお湯がでません。しまった、と思いました。

 洗面所にいくと案の定、お湯の蛇口が開きっぱなしでした。深夜電力でわかした湯槽が空になったのでした。
 
 こういうこともあろうかと、時々チェックに行くことにしていたのに、今日は6時間ほどチェックしていませんでした。Yがいつも居るダイニングの席を外した時間を思い出すと、5時間ほど流しっぱなしだったことになります。
 
 お湯と水を無駄に流した、エコに反する話です。
 
 Yは覚えていませんから、「誰がこんなことをしたのかしら」と言っています。
 
 Yと暮らしていると、この手の、エコでない場面はいろいろあります。台所の洗剤のは相変わらずよく減ります。Yが原液をなみなみと食器に入れて洗うからです。500倍から1000倍に薄めて使う肥料の原液も空になっていました。
 
 袋入り食品が、使う予定もないのに次々とはさみであけられてしまっていたことや、冷凍食品が物置から出てくることもあります。
 
 昨夜は、フライパンにスプーンとフォークをたくさん入れて空焚きしていました。スプーンとフォークは使えますが、フライパンは更新することにしました。
 
 しまい遅れていたガスストーブの電源コードははさみで切られてしましいました。(これはまぁ、はんだ付けで修理できますが)。
 
 衣類を切ってしまうこともあります。
 
 そういう現場を目撃した時も、よほどのことでない限り、あえて制止しないことにしています。地球に「エコでなくてごめんなさい」と言いながら、やらせています。本人はそれなりに正しいと思ってやっていることですから、制止するとすごいストレスになるのです。HSS(否定しない・叱らない・説得しない)の実践です。
 
 危険な時はもちろん止めます。昨夜は、フライパンの中で焼けているスプーンを素手で取ろうとしたときは大声で止めました。本人は、私がやることに口出しするな、とお冠でしたが。(料理をしているつもりだったようです)。
 
 

« 徘徊で人のお世話になりました | トップページ | Yが挿し木したバラが咲きました »

介護の日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 徘徊で人のお世話になりました | トップページ | Yが挿し木したバラが咲きました »