« 米国で認知症に処方されている「食品」アクソナ(AXONA) | トップページ | Yの最近の処方 »

2017年6月21日 (水)

Laurinを再発注しました


にほんブログ村  以前、1ダース買ったLaurinの残りが少なくなったので、再発注しました。

 

Laurin 今回は楽でした。銀行のオンライン取引口座で、海外送金先の口座の登録も済んでいましたし、購入品についての記述も、銀行から質問の電話を受けなくて済む記述法が分かっていました(前回の経験から)。

 手順は下記のようなものです。今日現在でステップ6まで行っています。

1.フィリピンの会社にメールで発注する
2.先方からProfoma Invoiceが送られてくる(メール添付で)(前回と同じ値段でした)
3.それにサインして返送(メール添付で)
4.銀行のオンラインバンキングで送金
5.銀行からRemittance(送金伝票)が郵便で送られてくる
6.そのコピーをメール添付でフィリピンに送る
7.先方がDHLで出荷し、追跡用情報を知らせてくる
8.3~4日で到着

 前回はDHLの配達員は若い女性でした。大きくて重い木箱を軽々と玄関先まで運んでくれて驚きました。

 1本は500mlです。Yに摂らせるときは私も同じものを摂ることにしていますので、2人で1回に50ml使います。1瓶で10回分。1日に4回摂ると2日半で1本。ひと月に約1ダース使う計算になりますが、実際は、1日に4回飲めない日も多いので、もう少しもちます。

 以前使っていた、ココナツオイルや日清のMCTオイルも残っているので、適宜混ぜて使おうと思っているのですが、面倒で、なかなか減りません。

 

 

« 米国で認知症に処方されている「食品」アクソナ(AXONA) | トップページ | Yの最近の処方 »

3型糖尿病・ココナツオイル・MCTオイル・ケトン体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 米国で認知症に処方されている「食品」アクソナ(AXONA) | トップページ | Yの最近の処方 »