« 水道代がこわい | トップページ | ワンコと雷 »

2017年7月17日 (月)

朝は一人の時間


にほんブログ村   (Y's World を初めて読む方はこちらをご覧ください。)

 ここ半月ほど、私が朝目覚めたときに、隣のベッドのYがいなくなっています。

 そっと、起きているらしいのです。私は、ベッドで我々と一緒に寝ているワンコが起きてベッドから飛び降りると、その音で目が覚めるのですが、Yが起きるのには気づきません。そっと、音を立てないように行動しているようです。

 私は起きるとまず玄関のドアをチェックします。Yが出かけていないかと。幸い、今までのところ、朝からのお出かけ事件は起きていません。

 Yは大体ダイニングキチンにいます。流しに立って何かやっていたり、テーブルでタオルその他、いろいろなものをたたんで重ねる作業をやっていたりします。

 今朝、Yは眠そうにしていました。かなり早くから起きていたのでしょう。

 夜中にトイレに起きて、そのままベッドに戻れなくなることもあるのだと思います。

 寝室は2階にあります。寝室の横にトイレがあるのですが、なぜか、Yは階下のトイレを使います。そしてベッドに戻れなくなるのです。(戻れなくなってウロウロしているところを見たことがあります)。

 こういう場合は、相当な長時間、ダイニングキチンに一人でいることになります。

 流しで洗いものをしてくれるぐらいはいいのですが、ちょっと困る成果物が残っていることもあります。生ごみや、汚物(ワンコのオシッコシートや使用後の紙パンツ)が引きだされていることもあるのです。

 また、私の持ち物を開いて、財布や、メモ類や筆記用具がおもちゃにされたり、どこかにしまい込まれていることもあります。

 洗面所の水が流れっぱなしのこともよくあります。

 しかし、Yも一人の時間を楽しんでいるのかもしれません。

 事故にならないように、ガスコンロの元栓だけは閉めて寝るようにしています。

 今はいいのですが、暖房が必要な季節になったら、対策を考えないと、冷えて風邪をひかれそうです。

 

« 水道代がこわい | トップページ | ワンコと雷 »

介護の日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 水道代がこわい | トップページ | ワンコと雷 »