« ワンコと雷 | トップページ | スカートを買いました »

2017年7月19日 (水)

半年ぶりのゴルフ練習


にほんブログ村   (Y's World を初めて読む方はこちらをご覧ください。)

 Yがデイサービスに行っている間に、ゴルフの練習に行きました。Yがデイサービスに行きはじめてからも、その自由時間は雑用に消えていたいのですが、今回はようやく、自由時間を気分転換に使えました。

 クラブを握ったのは昨年の11月8日以来で、ほぼ7か月ぶりでした。

 7か月のブランクがあった割には、ボールがちゃんと飛んでくれました。やっているうちに、構えやスイングの途中で気を付けるべき点もいろいろ思い出してきます。(ここで指が緩まないように、など)。

 ひと汗かいて、いいリフレッシュになりました。

 昨日、日野原先生が105才で亡くなって、「生きているということは、使える時間があるということです。」という言葉がニュースの中で繰り返し引用されています。

 なるほど、いい言葉だ、と思います。(先生は続けて、「その時間を人のために使いなさい」とおっしゃった様ですが)。

 今日、私はたしかに私の時間を使いました。しかし、Yは・・と考えてしまいます。

 Yにも時間はあります。しかし、それを自分の好きなように使うことができません。そもそも、時間を何に使いたいかも、分かっていません。仮に分かったとしても、自分だけではその時間を使えません。

 生きていて、時間もあるのに、その時間を使えない、という状況にYはあるのです。

 「生きているということは、使える時間があるということです。」という先生の言葉に照らして考えると、Yにとって、生きているということは何なのか、と考えてしまいます。

 私にできることは、Yの代わりに、Yの好きそうな時間の使い方を考えてやり、それに向けて時間を使うことも手助けすることかな、と思います。

 今思いつくのは、旅行などに連れだすことくらいですが。(Yは旅行は割に好きなので)。

 

« ワンコと雷 | トップページ | スカートを買いました »

介護の日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ワンコと雷 | トップページ | スカートを買いました »