« 紙パンツ・・困りごと | トップページ | 失礼ね、おやめなさいよ »

2017年8月 2日 (水)

食べやすいもの


にほんブログ村   (Y's World を初めて読む方はこちらをご覧ください。)

 Yは箸が使えないわけではありませんが、スプーンの方を好みます。
 また、一番食べやすいのは、グラタンやチャーハンのような、一皿で均一に混ぜたもの。つまり、あれこれ考えなくても食べられるもの。反対に、おかずの皿がたくさんあったり、一つの皿にいろいろなものが盛り付けられていると、戸惑い、食べ残します。

 私たちは自覚していませんが、おかずがいろいろあると、食べる順番や、食べる量など、いろいろ考えながら食べています。Yには、それが負担になるようです。グラタンやチャーハンは、そういうことを考えずに、スプーンで端からすくうだけでいいので食べやすいようです。

 Yに出す料理はスプーンで食べやすいように小さく刻みます。例えば、目玉焼きもスプーンですくいやすいように刻んでおきます。またなるべく均一に混ぜ合わせます。

 骨付きの魚も食べられないわけではないのですが、面倒くさがるので、骨から身を離し、ほぐしてご飯に混ぜ込んだ方が良く食べてくれます。

 食べ残しが出そうになると、Yはそれを紙にとって包みます。皿にそのまま残すのには罪悪感があるようです。紙にとるだけならいいのですが、ハンカチやスカーフも使ってしまいます。これでダメになったハンカチもたくさんあります。レストランで食べるときは、おしぼりに残飯を包もうとすることもあるのでハラハラします。

 家では、紙や布に包んだものの行方も問題です。気を付けて見てはいるのですが、バッグの中や、布団の中やタオルの間から出てくることもあります。 

 出したものを完食してくれるとホッとするものです。

« 紙パンツ・・困りごと | トップページ | 失礼ね、おやめなさいよ »

介護の日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 紙パンツ・・困りごと | トップページ | 失礼ね、おやめなさいよ »