« 朝から床の拭き掃除 | トップページ | Yが水虫 »

2017年9月 3日 (日)

脳の糖尿病


にほんブログ村   (Y's World を初めて読む方はこちらをご覧ください。)

 「アルツハイマー病は脳の糖尿病」という本を読みました。(鬼頭・新藤 著、講談社2017.7.20)。ごく最近出た本です。
 糖尿病というのは、血中の糖が筋肉などの細胞にうまく吸収されなくなる病気です。糖が吸収されなくて、血液の糖度が高いままだと糖がタンパク質を傷めて、例えば毛細血管がやられます。

 血液中の糖を細胞に渡す働きをしているのがインスリンです。しかし、インスリンがあっても、細胞側の理由で、うまく効かない場合があります。そういう状態をインスリン抵抗性があると言います。

 脳の中でも同じ現象(インスリン抵抗性)が起きている、つまり脳も糖尿病になることが知られています。従来の1型糖尿病、2型糖尿病と並べて、脳の糖尿病を3型糖尿病と呼ぶ人もいます。

 東北大学が、この脳糖尿病仮説を証明したということも以前紹介しました。(と言っても、東北大のプレス発表文自体は私には今もってチンプンカンプンです。)

 インスリンが効かなくて血糖値が下がらないと、さらにインスリンが分泌されて、血液中のインスリン濃度が高まります。この高インスリン状態もまた、体を傷めます。

 上記の鬼頭・新藤本によれば、脳が糖尿病になることにより、下記の1,2を生じ、やがてアルツハイマーの発症に至るとされています。
 
1.高インスリン状態になり、これが、(アルツハイマーの原因である)アミロイドβの蓄積につながる。

2.細胞への糖の吸収がうまく行かない結果、アセチルコリン(神経伝達物質)の生成が減る

  アルツハイマー病の原因に関する新しい説です。著者も、「アルツハイマー病治療の大転換期が来た」という見出しを設けて、糖尿病の治療法(いろいろ新しい治療法が出てきている)を流用することによってアルツハイマー病の治療法が変わるのではないかと言っています。

  従来、糖尿病の人はアルツハイマー病になりやすい、というデータがありました。鬼頭・新藤本では、糖尿病もアルツハイマー病も、根は同じインスリン抵抗性だという立場です。 

  私が参考にしてきた、Mary Newport も第3の糖尿病を強調していましたが、上記1,2のことには触れていません。

  彼女の本と、鬼頭・新藤本はどこが違うのでしょうか、また、どう関係づけて読めばいいのでしょうか。

  Mary Newport の理論は、「アルツハイマー患者の脳では糖代謝がうまく行っていない」というところから出発します。鬼頭・新郷本によればそれは当然のことです。脳の糖尿病が先にあって、アルツハイマーになるのですから。
 
  Mary Newpot は、糖代謝がうまく行っていない脳細胞は、エネルギー源の糖が得られず、(ガス欠になって)、誤動作したり、細胞が衰弱・死滅したりすると考えます。

  そして、Mary Newport は、脳細胞はエネルギー源として、糖のほかにケトン体も利用できることに目を付け、代替エネルギ源として血中のケトン体を増やせば、脳細胞を活性化できるのではないかと考えたわけです。

  血中のケトン値を上げる食材としてココナツオイルを彼女の夫(若年性アルツハイマー病)に摂らせたところ、目覚ましい効果が見られたのでした。

  鬼頭・新郷本は、上記の(糖尿病脳の)「ガス欠」やケトン体による代替エネルギー補給については全く触れていません。

  私は、二つの本を下記のようにまとめて理解したいと思います。

  脳が糖尿病になることによって:

1.高インスリン状態になり、これが、(アルツハイマーの原因である)アミロイドβの蓄積につながる。(→やがてアルツハイマー病を発症する)

2.細胞への糖の吸収がうまく行かない結果、アセチルコリン(神経伝達物質)の生成が減る (→脳の機能低下)

3.細胞への糖(=エネルギー源)の吸収がうまくいかない結果、脳細胞がガス欠状態となり、誤動作を起こしたり、衰弱・死滅する。(この現象は代替エネルギー源であるケトン体を脳細胞に供給することで改善できる。)
 
 こう並べてみると、ケトン体はアルツハイマーの発症予防にも効きそうな気がしてきます。

 また、どちらの本も、アルツハイマー病にならないためには、脳の糖尿病にならないように予防しなければならない、その予防法は、普通の糖尿病の予防法と同じだ、としています。つまり、正しい食事と運動です。


補足: もう少し調べたいな、という点はあります。

 伝統的糖尿病では、糖が(筋肉に級数されず)血中に高濃度で残ることを問題視しますが、糖を受け取り損ねた細胞の方の問題はあまり論じられていない気がします。つまり上記3で言うような「ガス欠」を問題視している話を読んだことがありません。

 脳細胞においてのみ「ガス欠」問題が起き、ケトン体の摂取で改善されるのはなぜだろう、ということが疑問に残るのです。
 
 

« 朝から床の拭き掃除 | トップページ | Yが水虫 »

3型糖尿病・ココナツオイル・MCTオイル・ケトン体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 朝から床の拭き掃除 | トップページ | Yが水虫 »